地方の中小企業のためのリモート広報室誕生!! 有限会社プリズムは"PRで地方の企業を元気にする"地方の小さなPR会社です。

悩みの絶えない
中小企業の経営者様へ―――。

  • 「知られていないので何も始まらない・・・」
  • 「営業・販促対策の効果が出ない・・・」
  • 「良いモノを作っているのになかなか売れない…」
  • 「社員の士気が上がらない…」

「業績を伸ばしたい」「お客様や地域社会から認めてもらえる会社になりたい」そんなみなさまの思いをかなえるお手伝いをしたいのです。

プリズムは、多くの会社が抱える、認知度不足や社会的評価の低さによる課題に対し、独自のPR戦略で解決するPRプランナーです。あなたの会社の情報を“広告” ではなく“PR”という手法で、マスメディア等を通じて発信することで、超低コストで認知度や業績の向上、支援者の増加など、望む結果を獲得できるお手伝いをいたします。

課題解決のきっかけが、ここにあります

新しい商品を世の中に広めたい、企業のブランド価値を高めたい、商品の品質はどこよりも高い自信がある、社長の事業への情熱は誰にも負けない、技術力は優れているが営業やプロモーションが苦手、広告予算が少ないので低コストでできるプロモーションを探している。

プリズムのミッション

地方発・全国ブランドをめざす企業の広報PRをお手伝いします。

現代の日本で、特に地方は少子高齢化の進行、人口減少、経済の停滞などにより首都圏との地域間格差が問題となっています。 しかし、各地域に根付いた伝統産業や新興産業の中には、キラリと輝く特徴を持った企業が数多く存在します。

プリズムは、地方で希少なPR専門企画会社として、将来性ある企業や商品にスポットを当て、メディアへの情報発信によって話題づくりを行います。さらにSNSや様々なネットメディアの活用など、マーケティングにつなげるための戦略的なアイデアとノウハウを提供します。

PRトライアングルの真ん中に

企業とメディアと消費者を信頼関係で結び、新しい価値を生み出し、企業と社会の発展に貢献します。専門的広報PRノウハウをもとにしたサービスを提供することにより、クライアント企業が高い収益を確保し、成長し、企業価値を向上させていくこと。その過程において、信頼されるベストパートナーとして共に活動し、企業の期待を超える結果をもたらすことが、プリズムの使命だと考えています。

PRトライアングル

プリズムが目指すもの

プリズムは、地方発のメディアパブリシティに独自の強みを持つPR会社として活動しています。

当社が目指すのは、中小企業のために「最小限の予算で最大の付加価値を享受できる」PR会社です。常に、企業が目ざす目標とその先にある経営目的を見据え、費用対効果の最も高いPR戦略を企画し、ご提案しています。

プリズムが考えるPR

本当に意味のあるPRは、情報を発信する企業にとっても、メディアを介して情報を受け取る生活者にとって有益なものでなければならないとの信念で発信元の企業を支援しています。

PRは、企業が発信する情報を、社会の多くの人が広く受け入れ、さらに誰かに伝えたくなるきっかけをつくる仕事です。まだ世の中に十分に知られていない会社の、人、モノ、コトを伝え広げていくために、全力で知恵を絞って取り組みます。

プリズムの役割

当社にご依頼いただく業界は幅広く多岐にわたりますが、その中でも食品、酒類、日用品、家電など一般消費財をはじめ、住宅、不動産、教育、レジャー、飲食店、観光、運輸、冠婚葬祭、ものづくりなど、人々の生活に密接にかかわる分野の商材、案件のPRを得意としています。

どのような PR対象でも、戦略的かつ多角的に情報を創出し、様々なコミュニケーションツールを駆使することで、世の中での話題化を狙います。

プリズムの3つのお約束

1

クライアント企業への支援は
代表者が責任もって行います。

途中で経験の浅い社員に引き継いだり、外注スタッフに任せたりすることはありません。契約から打ち合わせ、日々の連絡、プレスリリース作成、メディアフォローなどPR支援活動のすべてをPRプランナーである代表者が一貫して行うことでサービス品質を保証します。

2

できるだけ平易な言葉で
コミュニケーションします。

専門用語や小難しい知識を並べてクライアントを煙に巻くコンサルタントも見られます。当社はトップや社員の方とのコミュニケーションを重視し、中学生にでもわかる平易な言葉で説明、やり取りします。

3

同一地域一業種一社、
秘密保持を厳守します。

クライアント企業の方に安心して何でもお話しいただくために、守秘義務契約を結び、サポート契約期間中は同分野・同地域で競合可能性のある企業の支援は一切いたしません。契約期間中も終了後も、企業秘密の保持を厳守します。