自然発生したニックネームはブランド化する

岡山県出身の新鋭プロゴルファー、渋野日向子プロが今年の女子メジャー、全英オープンで優勝してしまいました。

弱冠二十歳。プロテストに昨年合格したばかりの新人が、国内ツアーで2勝するだけでもスゴイこと。それがいきなりメジャー優勝の快挙。日本中が大騒ぎでしたね。

渋野日向子選手のシンボルはなんといってもあの笑顔。全英オープン優勝のニュースの中で、米国の新聞が「スマイリング シンデレラ」と称したという話題が取り上げられ、日本でも「スマイル・シンデレラ」が彼女の代名詞になりました。あるメディアが言ったり書いたりした事実をその他のメディアが取り上げて、自然発生的に一般の人たちにも広がっていった事例では、石川遼選手がアマチュアで初優勝したとき、地元局のTアナウンサーが実況した「ハニカミ王子」を思い出しました。

これから先、しばらくは日本の女子プロゴルフ界を渋野日向子さんが「シンデレラ・スマイル」で引っ張っていくことになるんでしょう。岡山県出身の自分としても、同郷のスターがまた一人誕生したことが嬉しくてなりません。

おりしも今、甲子園では夏の高校野球が開催されていますが、高校野球界でも全国的に有名なニックネームが付けられたチームがあります。四国・徳島県の池田高校がそれ。

「さわやかイレブン」「やまびこ打線」「攻めダルマ」。ピンとくる方が多いと思いますが、「さわやかイレブン」は1974年に初出場で準優勝したときに、部員が全部で11人しかいなかったことで付けられたもの。「やまびこ打線」は、送りバントを使わず打って打って打ちまくる、破壊力抜群の打線を称したもの。そして「攻めダルマ」はチームを率いる闘将、蔦文也監督の攻撃野球に対してつけられた愛称です。これらは、実況中継の中でアナウンサーが叫んだり、翌日のスポーツ新聞の見出しになったりして、そのあとの試合からは実況中継の中でも連呼されるようになったニックネームですね。

チームとして代名詞が付いた学校が他にあったかなと思い返してみましたが、銚子商業の「くろしお打線」ぐらいしか思い浮かびませんでした。また選手個人としては「バンビ」と言われた東邦高校の坂本佳一投手や「ハンカチ王子」と呼ばれた早稲田実業の斎藤佑樹投手などの例がありますが、それほど多くはありません。

ほかには、プロ野球の「打撃の神様」「ミスター」「大魔神」「ゴジラ」。サッカーでは「キング」「野人」など、ジャンプの「レジェンド」、男子ゴルフの「ジャンボ」、古いところでは「東洋の魔女」や「フジヤマのトビウオ」なども(笑)。とにかく、こうした愛称は簡単に廃れないし、普遍的に使われてそれを識別する記号になる。もちろん、超一流のアスリートだからこそ愛称が付くわけですが、同じ超一流でも、愛称を持たない人やチームが大多数であることを考えると、ニックネームというのは、そのブランド価値を何倍も高める効果があると言えるでしょう(悪意のある“あだ名”の場合は別ですよ)。

ニックネームは、自然発生的だからこそ強く印象に残り、付加価値が生まれる。企業や商品の場合も、人から親しまれてニックネームで呼ばれるようになれば、ブランドが長く続いていくと思います。あまり正式名称にこだわらず、呼ばれやすい名前を定着させていくほうが長い目で見ると得になるのではないでしょうか。

日刊工業新聞掲載「経営士の提言」より

経営士の提言  「ローカルメディア発・全国ニュース」

民放テレビの東京キー局は、スポンサーが首都圏に集中し、視聴者の半数近くが首都圏と関東周辺に固まっている。よって日々の出来事も新商品も旅もイベントも、関東近郊の情報が偏重されてきた。

ところが近年、「地方創生」の流れを受けて、東京キー局もニュース・情報番組内で地方の情報を意図的に多く取りあげる方向への変化がみられる。

こうした、地方の話題を積極的に紹介するのは、NHKのニュースや情報番組では従前からあったが、民放では2007年に始まった日本テレビ系列の『秘密のケンミンSHOW』がひとつのきっかけだったように思う。さらに2011年の東日本大震災などを経て、メディアは東京と地方、人と人をつなぐ役割が重要だと改めて認識したのではないだろうか。

地方の中小企業が全国に向けて発信したいときは、東京の新聞社やキー局の番組あてにプレスリリースを送るほか、通信社に情報を提供する方法もあるが、これだとニュースとして取り上げられるためのハードルが非常に高い。

地方から全国展開を目指す企業は「地元で話題になっても仕方ない」としてローカルメディアを軽視する傾向がある。しかし今、地方メディアで報道されたニュースが全国メディアに波及していく確率が高まっている。このチャンスを生かすべきだ。

また、新聞の地方紙でもデジタル版が普及し、ローカル局も放送したニュース内容をWebサイトにあげるケースが増えてきた。直接Yahoo!ニュースなどのニュースサイトに記事が転載されることも多い。インターネット上に掲載された記事の一部はストック情報として、検索されやすくなり、全国メディアのアンテナに引っ掛かりやすくもなっているのだ。

こうした状況下で、地方の中小企業はローカルメディアへのアプローチも積極的に進めて欲しい。

香川県中小企業診断士協会経営セミナー「強みを仕事にする」

香川県中小企業診断士協会経営セミナー「強みを仕事にする」

3部構成 第三部 講師:妹尾 浩二
「地方・中小企業のための広報・パブリシティ成功法」

新聞記事やニュースでよく見聞きする「PRが上手い会社」は、無駄な広告・宣伝費をかけずに、メディア露出と好意的な報道を獲得しています。マスコミの取材を呼ぶ「ネタづくり」や「プレスリリース」など、パブリシティのノウハウを知れば、「地方発・全国ブランド」がぐっと近づきます。
実務歴30年のPRプランナーが、地方・中小企業のための広報・パブリシティ戦略について、成功事例を交えてそのノウハウをお伝えします。

■日時:2018年12月9日(日) 午後3時50分~4時50分
■会場:高松テルサ303会議室
高松市屋島西町2366-1
■参加料:1200円(第3部のみ)
■申し込み先:香川県中小企業診断士協会
TEL:087-814-6456 FAX:087-840-0321
メール:mail8@shindan-kagawa.org

当社代表 妹尾浩二の著書「地方の中小企業が全国ブランドになるための 広報PR パブリシティ戦略」が合同フォレストから11月に発刊されました。

当社代表 妹尾浩二の著書

「地方の中小企業が全国ブランドになるための 広報PR パブリシティ戦略」

合同フォレストから11月に発刊されました。

中小企業が持っている新鮮なネタを、貴社はいつも待っている!
東京都地方で30年にわたって広報PR/パブリシティの現場に携わり
中小企業の情報をマスメディアに発信し続ける著者が
ノウハウを大公開!

■もくじ
第一章 PRが地方の中小企業に有利なわけ
第二章 埋もれるべからず、出る杭になれ
第三章 メディアが歓迎するニュースネタの見つけ方、作り方
第四章 記者が思わず取材したくなるプレスリリースの書き方
第五章 地方発・全国ブランドを実現するメディア選びと発信術
第六章 記者をサポーターにする、WIN-WINの関係構築法
第七章 検索したくなる空気づくり

発行:合同フォレスト 発売:合同出版
46判並製
定価 1,500円+税

 

放送作家とPR

「AKB48」、「海賊と呼ばれた男」、「くまモン」。これらの共通点はなんでしょう?
「各分野で大人気」・・・それもありますが、おしい!

それぞれの「生みの親」は秋元康さん、百田尚樹さん、小山薫堂さん。この方々はみんな、出身が放送作家(構成作家)であるということです。

秋元康さんは「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」の放送作家からタレントプロデュースや作詞家へ、百田さんは「探偵ナイトスクープ」から作家へ、小山さんは「料理の鉄人」から地域おこしの仕掛け人へと、大ヒットの情報バラエティ番組の企画・構成をしてこられた方々が、ほかの分野に進出して才能を発揮されているわけですね。

なぜ、放送作家の方々がこうやって各界で話題を集め活躍されるのか。それは、放送作家の方々が、「何をどうやればメディアを通じて社会からウケるか」を知り尽くしているからだと思います。

私も含めて、世の中には「企画」を職業にしている人はたくさんいますが、放送作家ほど毎日シビアにウケを狙ってアイデアを出し続けている人たちはいないのではないでしょうか?

放送作家は番組の企画会議で、一つのキーワードに対して10個くらいのアイデアはポンポンと出てこないといけないとか、1日にギャグを100個考えるのが業界の掟だとか言われています。

こうして若いうちから企画脳を鍛え上げられ、庶民の感情のツボを知り尽くした人たち、もちろん、作家なのでアイデアを企画書や文章にすることもお手のものです。

メディアにコネも持っているから、露出の仕方もわかっている。当人そのものが強力なメディアとなってさらに話題を広げていくこともできる。

そんな人たちが、企業や自治体のPRに力を貸してくれると、当事者には思いもよらぬところに火がついてワッと燃え広がる(決して炎上ではない)可能性が高まるに違いありません。
身近に、有能でフットワークの軽い放送作家さんがいたらツバを付けておきたいところです。

著書「地方の中小企業が全国ブランドになるための広報PR パブリシティ戦略」が発刊されます。

有限会社PRISM代表 妹尾浩二の著書  2018年11月5日発刊!
「地方の中小企業が全国ブランドになるための 広報PR パブリシティ戦略」
発行:合同フォレスト 発売:合同出版

中小企業が持っている新鮮なネタを、記者はいつも待っている!!
東京と地方で30年にわたって広報PR・パブリシティの現場に携わり
中小企業の情報をマスメディアに発信し続ける著者がノウハウを全公開!

■もくじ
第一章 PRが地方の中小企業に有利なわけ
第二章 埋もれるべからず、出る杭になれ
第三章 メディアが歓迎するニュースネタの見つけ方、作り方
第四章 記者が思わず取材したくなるプレスリリースの書き方
第五章 地方発・全国ブランドを実現するメディア選びと発信術
第六章 記者をサポーターにするWIN-WINの関係構築法
第七章 検索したくなる空気づくり

46判並製
定価:1500円+税

「AMAZON 妹尾浩二」で検索