広報/PR/商品PR/企業広報/ブランディング/マーケティング/有限会社プリズム

PRISM プリズム
リンク お問合わせ


FAQよくある質問

  PRについて教えてください。
PRとは「Public Relations」の略で、わかりやすく言えば、「企業や組織がそれを取り巻く公衆・社会との関係性を良好なものにする行為」。つまり「自分のこと、自社のことをよく知ってもらい、理解してもらうための情報発信とコミュニケーション」のことです。


パブリシティって何ですか。 
パブリシティとは、マスメディアへのプレスリリース配布や記者発表を通じて、新聞や雑誌などに記事として取り上げてもらうこと、または、テレビやラジオなどに企画や情報を提供し、ニュースや情報番組の中で放送してもらうことを言います。パブリシティ活動成否のカギは、持ち込む情報のニュース価値と、メディアとのパイプの太さにあります。価値ある情報を適切なメディアに届けるためには、専門的なノウハウが求められます。


広報・PRと広告・宣伝とは違うのですか。 
一般的に「新製品をPRする」と言ったときの「PR」は「広告・宣伝」と同じようなニュアンスがありますが、広告・宣伝と広報・PRは本来、意味合いが全く違うものです。
広告・宣伝は一般的に企業がマスメディア、つまり新聞や雑誌のページの一部やテレビの番組中の時間をお金を払って独占し、そこに自社の売りたい商品やサービスを露出させて知名度を上げることを狙うものです。
一方、広報・PRは企業が自社内にある情報をニュース素材としてマスメディアに提供し、メディア側の独自判断と都合によってニュースのかたちで報道するものです。
広告の場合、自社が買うスペースですからその大きさや使い方は原則として企業側の自由になります。同じ広告を何度も繰り返すこともできます。そのかわり狙った効果を出すには大きなコストがかかります。また、広告の内容は客観性に乏しく信頼性が低いといわれています。
逆に広報・PRでは記事の掲載の判断はメディア側に主導権があり、メディアにとってニュース価値がないと判断されれば取材も報道もされません。掲載の費用がかからないかわりに企業側が露出をコントロールできないのです。しかし、報道された場合、その記事は記者が客観的に判断して社会的にニュース価値があると判断した証拠ですので、信頼性が高く、それだけ情報の伝播力が強力であるといえます。


中小企業がマスメディアに取り上げられる効果はありますか。 
マスメディアへの露出効果は、会社の規模が小さいほど大きいといえるでしょう。認知度、集客、地域での信頼、従業員の士気向上、就職希望、金融機関や行政からの信用など様々な経営資源(人、モノ、カネ、情報)が付いてきます。他のメディアで報道された記事を見て、全国紙やテレビが取材に来ることもあります。また、ニュースがネット上に掲載されることによって、Web検索されやすくなるという効果もあります。


プリズムの強みは何ですか。 
ひとつは、ローカルに根ざしながら東京とつながっていること。前職では、四国に本社を置く企業(建設・不動産会社)が全国展開を図る過程で、高松と東京において一貫して広報実務に携わってきました。また、創業後は100社以上の四国の中小企業の広報コンサルティングに携わってきました。それらの経験から、四国から東京をはじめ全国に向けて商品やサービスを発信したい地元の中小企業へのコンサルティングサービスを得意としています。
ふたつ目は、20年以上わたってマスメディアの記者の方々との人脈を構築してきたことから、各メディアの特性を熟知していること。そして記者たちが今何を考え、どんな情報を求めているのかを推測し判断できること。
こうした、実務経験に裏打ちされたPRノウハウとマスメディア人脈を武器に、企業のイメージ向上のための広報活動、商品の販売のためのマーケティングPR活動など、企業の課題と目的に応じた最適な広報ソリューションを提供することができます。


PRエージェントと広告代理店はどう違うのですか。 
広告代理店はマスメディア(広告部門)が販売する広告スペースを企業に販売し、CMや広告によって企業名や商品名を広く伝える活動を行うのに対して、PRエージェントはマスメディア(報道・制作部門)への情報提供や折衝を通じて、客観的で説得力の高いコミュニケーション活動を支援します。
広告代理店は広告の仲介による手数料を収益の柱としていますが、PRエージェントは企業と取り決めたコンサルティング・フィーを中心としたサービスを行います。


 PRでモノは売れるようになりますか。
商品が新聞記事やテレビニュースで取り上げられたことによって、消費者の購買を促すことができるのは事実です。ただしその効果は報道のされ方や掲載されたメディアの影響力にも左右されます。 最近注目されているのは、マスメディアで報道されたことによって消費者がブログやツイッター、フェイスブック、ユーチューブ等でその情報を伝え、インターネット上で話題になって商品が売れていくという傾向です。
PRISMでは、マスメディアの活用にとどまらず、各種マーケティング活動と連動させた情報発信によって「売れる仕組みづくり」をお手伝いしていきます。


 ブランド構築とPR活動はどのように関連しますか。
PR活動はブランドの信頼感の醸成に大きく寄与します。PRISMでは、企業や商品のブランドコンセプトの策定から、PRによって世の中へ発信しステークホルダーとの関係作りにいたる各種アプローチまで、中小企業のブランド構築活動を総合的に支援します。


 社内に広報担当部署を作りたいので州が担当者を育成してもらえますか。
広報担当部門を持たない中小企業の場合、当初は完全なアウトソーシングも可能ですが、自社内で広報担当部署を設置し広報担当者を養成することは中長期的に見ても重要な取り組みであると考えています。PRISMでは、広報・PRの基本からメディアリレーションの方法など、企業のニーズに合わせて広報担当者のレクチャーを行います。


 当社は専門性が高く、企業間取引が多いのですが、PRは可能ですか。
  専門性の高い情報を世の中にわかりやすく伝えることはPRの大きな役割のひとつです。PRISMでは、社会的に価値の高い専門技術や先進的な商品・サービスを広く啓発するPR活動についても対応可能です。


 特に関係の深いメディアはありますか。
PRISMは、香川を中心に四国各県のテレビ局、新聞社などのローカルメディアに強い結びつきを持っています。また、東京の各メディアともパイプを持っていますが、特定のメディアとの協力関係は持たず中立な立場で全方位外交をしています。


 特に強い業界、弱い業界はありますか。
創業以来さまざまな業界の企業から相談を受けアドバイスをしてきましたが、いちばん多いのはものづくりを行うメーカーです。ものづくりの企業はテレビでも新聞・雑誌でもビジュアルが作りやすく、比較的報道されやすいです。特に食品メーカーは最終消費者の生活に直結していてPRによるマーケティング効果が明確になりやすい業界といえます。反対に報道されにくいのは宗教関連や、薬事法に関わる健康食品業界、専門用語が多く一般消費者に説明しづらいIT関連業界などでしょうか。


 どのような契約形態がありますか。
年間契約をベースにした毎月一定額の長期契約が基本ですが、クライアント企業の環境やニーズに応じてプロジェクト単位の短期契約も可能です。 
(年間契約) 
PR会社として標準的な契約形態で、長期的なパートナーシップに基づいて企業の課題を総合的に解決していきます。原則として毎月一定額のフィーをお支払いいただきます。 
(プロジェクト契約)
イベントの実施、新商品発表会、講演会など単一のプロジェクトの場合のみ、短期契約もお受けしています。活動終了時に活動経費をお支払いいただきます。年間契約よりは割高となることをご了承ください。


 費用の計算根拠はどうなっていますか。
当社代表者である妹尾浩二が、PRプランナーとしてのノウハウや独自のネットワークを提供するサービスについて、その活動に要する時間に準じて料金(フィー)を計算しています。詳しくはお問い合わせください。


 年間契約をするとどのようなサービスが受けられますか。
各企業のニーズや環境に応じて柔軟に対応していますが、一般的なコンサルティングサービスには下記のような内容が含まれます。
(1)コンサルティング業務
コミュニケーション戦略の立案、発表方法の企画立案、アドバイスなど 
(2)広報資料作成代行業務
プレスリリースや報道機関向けの発表資料の作成、アドバイスなど 
(3)メディア対応代行業務
発表メディア選定、プレスリリースの配信、メディアとの折衝、メディアリストの管理など 
(4)モニタリング業務
自社の掲載記事のクリッピングや、業界関連の参考記事の提供など


 PRコンサルティングを依頼したいとき、最初は何を用意すればいいですか。
PRISMは、実際のコンサルティング契約に至る前に、企業の経営者、広報担当者との綿密な打合せを行い、PRの方向性や必要な取り組みを確認します。初回打ち合わせの際に、ご要望に至った経緯、企業・商品の詳細な情報、市場環境、今後の展望などできるだけ詳しい情報をお聞かせいただき、情報共有しながら進めていきたいと考えています。なお、PRISMは守秘義務を厳守しますので、契約に至らなかった場合も他社に対して情報を漏洩することは絶対にありません。


 PRISMを利用するメリットはどんなところにありますか。
全国的に、企業における広報・PRの重要性が高まるにしたがって、外部ブレーンとしてのPR会社を活用する企業が増えています。PR会社である当社を活用していただくメリットとしては、以下のような点が上げられます。
(1) PRISMの持つ豊富な人脈やPRノウハウ、アイデアを利用できる 。
(2) PRISMは第三者的な視点で企業経営を見ることができるので、適切なアドバイスができる 。
(3) マンパワー補助としてPRスタッフを活用できる。


 メディアへの掲載保証はありますか。
  メディアに取り上げられるように切り口を考え、有効なプレスリリースを作成し、報道されやすいメディアを選定してアプローチします。しかしながら、報道する、しないはあくまでメディア側の裁量によりますので、私どもでは掲載保証はできかねます。メディア掲載保証が必要であれば、PRでなく広告をご活用ください。